ホーム>スタッフブログ>患者様の声>交通事故によるムチウチ 徳島市のTさま 新規来院されました
患者様の声

交通事故によるムチウチ 徳島市のTさま 新規来院されました

交通事故によるムチウチ 徳島市のTさま 新規来院されました

Tさまが交通事故に遭われたのが6月27日で、交差点での左折時に、後続車に追突されてしまいました。

その日の内に整形外科を受診し、「首の捻挫」という事で湿布薬を処方されて帰ってきました。

約1週間、湿布を貼り続けて様子を見ていたのですが、2日目からは頭痛も起こるようになり、4日目あたりから首から背中の筋肉がとても張った感じで痛みが起こるようになりました。

7月4日に再度整形外科を受診するも、「骨を痛めているわけでは無いので」という事でまたまた湿布薬を処方される・・・

「ちゃんと治してくれるところ」を探し、当院への転院となりました。

 

<<症状>>

後続車には左後方から追突されたようで、左の首に強い動作痛と圧痛かあります。

頭痛は頭全体が重いようですが、首の痛点を押すと左の頭に響くような痛みが起こります。

首~肩~背中の筋肉は硬く張って、強い圧痛があります。

 

<<所見>>

首の痛みは、筋肉を痛めただけでなく頚椎関節の捻挫も起しているようです。

頭痛は、首の左側で確認できた痛点(トリガーポイント)からのものでしょう。

首~肩~背中は、筋膜の負傷によるものでしょう。

 

<<治療>>

施術は【気導術】による除痛。

【電界療法ヘルストロン】による自然治癒力の活性化。

【高気圧酸素カプセル】による自然治癒力の活性化。

 

<<見込み>>

負傷部の回復に約1ヶ月。

後遺障害予防に約1ヶ月以内。

計2ヶ月以内を予定しています。

休診日を除き、可能な限り毎日の通院となります、

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oohata-seikotsu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

ページ上部へ