ホーム>スタッフブログ>患者様の声>徳島市のKさま。 交通事故による捻挫と打撲で新規来院されました。
患者様の声

徳島市のKさま。 交通事故による捻挫と打撲で新規来院されました。

徳島市のKさま。 交通事故による捻挫と打撲で新規来院されました。

Kさまが交通事故に遭われたのが6月6日。

自転車で走行中に交差点で車に衝突されてしまいました。

直ぐに右手首が痛くなってきたので整形外科に直行し、「捻挫」と診断される。

その日の夜から右臀部が痛くなり、翌日に整形外科を再度受診し「打撲」と診断される。

「骨に異常が無いなら」と言う事で、近所の当院に6月8日に転院してこられました。

 

<<症状>>

右手首の甲側に強い動作痛と圧痛があり、腫れもあり。

右臀部も動作痛と圧痛あり。

 

<<治療>>

アイシング

気導術

電界療法ヘルストロン

高気圧酸素カプセル

 

<<見込み>>

臀部の打撲は3週間で治癒可能でしょう。

右手首の捻挫は通常1ヶ月で治癒可能ですが、深部を痛めている場合には2ヶ月くらいを要するかも知れません。

いずれにせよ、着実に良くなっていただきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oohata-seikotsu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82

ページ上部へ