ホーム>スタッフブログ>患者様の声>小松島市のMさま。交通事故で腰と臀部の負傷して新規来院。
患者様の声

小松島市のMさま。交通事故で腰と臀部の負傷して新規来院。

小松島市のMさま。交通事故で腰と臀部の負傷して新規来院。

Mさまが交通事故に遭われたのが5月1日。

交差点で停車中に後方から追突され、はずみで前方の車に追突し、ダブルの衝撃で負傷してしまいました。

 

事故後まもなくから腰に痛みを覚えたので整形外科に直行し診てもらったところ、「骨は痛めていないので、心配ないでしょう」

そうは言われても、腰の痛みは時間とともに強くなり、左右の臀部(股関節)も痛みだしてきました。

結局、整形外科では投薬だけで治療らしい治療を受けられなかったことから、当院に転院を決まられました。

 

<<所見>>

腰部痛は、追突による衝撃で背骨と背骨をつないでいる靭帯を痛めていました。

左右の臀部痛は、とっさに強く踏ん張ったことで臀部の筋肉を痛めたのでしょう。

3か所の負傷部ともに、ハッキリとした動作痛と圧痛を確認しました。

 

<<治療>>

施術は【気導術】で、負傷部に集中的に気を導き入れて自然治癒力を高めます。

遠赤外線レーザー治療器【スーパーライザー】で、負傷部の血流を良くして自然治癒力を高めます。

電界治療器【ヘルストロン】で全身を通電し、全身レベルで自然治癒力を高めます。

全身治癒力が活性化させることで、着実な回復そして治癒へと導きます。

 

<<通院計画>>

まずは、負傷部の回復に約1ヶ月はかかるでしょう。

その後、再発予防のためにリハビリを兼ねた施術を1ヶ月。

合計、約2ヶ月の通院治療が必要とみています。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oohata-seikotsu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71

ページ上部へ